Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/takemitasaki/route58.org/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 2895

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/takemitasaki/route58.org/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 2895

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/takemitasaki/route58.org/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 2895

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/takemitasaki/route58.org/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 2895
.htaccess | 国道58号線をのんびりと行く

アーカイブ

‘.htaccess’ タグのついている投稿

YSlow:ページ読み込み速度 Configure entity tagsの評価をAにあげる

2010 年 5 月 24 日 コメント 4 件

こちらの記事もタイトルの
『YSlow:ページ読み込み速度 Configure entity tagsの評価をAにあげる』まんまです。

YSlowで、「Grade F on Configure entity tags (ETags)」と出る、アレですね。

Configure entity tags (ETags)
There are 42 components with misconfigured ETags

このブログではこんなの出ました。

こちらも先日書いたExpires Headersの最適化gzipの最適化と同じく、.htaccessで制御してYSlowの評価を上げます。

ということで、.htaccessに以下を追加します。

#ETags処理
<Files ~ "\.(css|js|html?|xml|gz)$">
FileETag MTime Size
</Files>
<Files ~ "\.(gif|jpe?g|png|flv|mp4|ico)$">
FileETag None
</Files>

これだけでConfigure entity tags (ETags)項目はA評価になるはずですよ。

YSlow:ページ読み込み速度 gzipで高速化

2010 年 5 月 24 日 コメントはありません

こちらの記事もタイトルの
『YSlow:ページ読み込み速度 gzipで高速化』まんまです。

YSlowで、「Compress components with gzip」と出る、アレです。

このブログではサーバーにDreamhost使っていますが、gzipで高速化してみました。
先日書いたExpires Headersの最適化と同じく、.htaccessで制御(自分検証)してYSlowの評価を上げます。
同名のgzipファイルがある場合はgzipを読み込んで、gzipファイルがない場合には通常のファイルを読んでくださいね、というお願い。

ということで、.htaccessに以下を追加します。

# GZIP処理
RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTP:Accept-Encoding} gzip
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} \.(css|js|html?|xml)
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !\.gz
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME}\.gz -s
RewriteRule .+ %{REQUEST_URI}.gz
AddEncoding x-gzip .gz

IE6がgzipを読めないのか、圧縮したCSSやJSだけをサーバーに置いておくとIEでの動きが何かおかしいので、gzipと元ファイルの両方をサーバーにアップロードしておきます。
Firefoxなどはgzipを読み込むのでファイルに加筆修正した後はgzip圧縮とアップロードを忘れずに。

40kbのCSSファイルが8kbにまで圧縮され、読み込み速度も余裕で体感できる程速くなりましたよ。

YSlow:ページ読み込み速度 Expires Headersを.htaccessで

2010 年 5 月 20 日 コメントはありません

タイトルの
『YSlow:ページ読み込み速度 Expires Headers を.htaccessで。』まんまです。

サーバーにDreamhost使っていますが、自分でも簡単に(というかこれが限界でした) Expires Headers を最適化してみました。

この方法は.htaccessに以下のソースを貼り付けるだけで動いています(自分検証)ので簡単にYSlowの評価を上げることが出来ます。
以下の記述では最長の24週間、中間の2日、最短の2時間にしていますがmax-ageの値を変えることで自分の好きな時間に変更できます。

ということで、.htaccessに以下を追加します。

# Expire Header処理
<FilesMatch "\.(ico|pdf|flv|jpg|jpeg|png|gif|js|css|swf|gz)$"> # 24weeks
	Header set Cache-Control "max-age=14515200, public"
</FilesMatch>
<FilesMatch "\.(xml|txt)$"> # 2DAYS
	Header set Cache-Control "max-age=172800, public, must-revalidate"
</FilesMatch>
<FilesMatch "\.(html|htm)$"> # 2HOURS
	Header set Cache-Control "max-age=7200, must-revalidate"
</FilesMatch>

これだけですがYSlowだいぶ良くなりました(Add Expires headersの評価はFからAに!)
最適化前


最適化後

あーーーそうなんです。このブログにも適応させないと・・・。

後gzip処理によってcssとJavaScriptが相当圧縮されて軽くなりました!
今度書きます。

ずーっとロック!~ ♪

Positions by Seo-Watcher