Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/takemitasaki/route58.org/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 2895

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/takemitasaki/route58.org/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 2895

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/takemitasaki/route58.org/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 2895

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/takemitasaki/route58.org/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 2895
カスタマイズ | 国道58号線をのんびりと行く

アーカイブ

‘カスタマイズ’ タグのついている投稿

テキストを画像に変えるプラグイン wp-DJTR がアツイ!

2010 年 6 月 10 日 コメントはありません

ワードプレスのプラグイン、wp-DJTRはテキストを画像に変えるプラグインです。

詳細は配布元さんのところに詳しく書かれていますので今回は自分メモだけですが導入は非常に簡単。

1. 配布元より、zipファイルをダウンロード後、/pluginsフォルダにアップロード。
2. 自分の好きなフォントファイルをアップロード。
3. cacheフォルダとconfig_djtr.phpに書込み属性を与えます(700でOK)。
4. プラグインを有効化。
5. single.phpやpage.phpなどの<h2><?php the_title(); ?></h2>の部分を以下に変更

<?php the_title(); ?>

<?php wp_djtr( get_the_title(), "ffamily=hoge.ttf&width=500" ); ?>

配布元
http://www.techdego.com/2007/0……p-djtr.php

オプション設定

arguments 説明 書式例
fcol フォントの色 fcol=#333
fsize フォントサイズ(pt)

fsize=12
bcol 背景色 bcol=#333
transbg 背景色透明 transbg=true transbg=false
width 折り返しの幅(px) width=500
(imgを分割生成)
ffamily フォントの種類
(ファイル名)
ffamily=default.ttf
(大文字小文字を区別)

フォントファミリーを指定する際に、sazanami_gothic.ttf というような実際のフォント名ではなく、default.ttf というような感じにするのがコツ。
そうすることであとでフォントファミリーを変えたいときに、プラグインフォルダ内のフォントファイルの名前を変える事で一括変換出来ます。

WordPressのプラグイン Hello Dollyを楽しくカスタマイズ 日本語で使おう

2010 年 5 月 27 日 コメントはありません

あいたー!IEじゃズレまくってる。

ちょっと待って。直します。(6月4日0:08)

WordPressの梱包プラグイン、Hello Dolly。
Hello Dollyはジャズミュージシャンのルイ・アームストロング氏の名曲、Hello Dollyのフレーズがランダムに表示される、ワードプレスの公式プラグイン。
なのですが、もちろん英語ですので、何これ?という感じで停止していたり削除している方も多いと思います。

じゃぁ自分の好きな歌詞ならどうなの?ということでカスタマイズ。
毎日ワードプレスのページ更新するときにうれしくなっちゃうわけです。
使わないとHello Dollyプラグインを作成した方にも申し訳ないじゃないですか。
元のHello Dollyプラグインが超シンプルなので誰でも簡単に好きなフレーズに出来ます。

このサイトのようにトップページヘッダーに入れることも出来ます。
やり方は、、、今日誕生日でそろそろ出かけるので明日には書きます!
しばしお待ちを!

5月28日:帰って来ました。

ワードプレスをやるなら毎日楽しく!管理画面の右上に好きな歌詞をランダムに表示させてみましょうか。 こんな風に。


コメントアウトしている箇所をはずせば自分のブログにも反映させることが出来ます。画像はデフォルトテーマの場合。


デフォルトの文字列はザ・ブルーハーツの「人にやさしく」から抜粋。 しかし自分の好きな歌詞や名言に簡単に変更できます。
また、画像表示の追加などを行っていますが、これは「楽しくなければ使わない」だろうから、と言う理由で追加しています。
「人にやさしく」の歌詞の使用権限に関してですが、どこにも確認を取っていません。

僕が言ってやる
でっかい声で 言ってやる
がんばれって 言ってやる
聞こえるかい がんばれ

この4行のフレーズ、僕の愛してやまないザ・ブルーハーツの皆様、関係者の皆様、ファンの皆様が文句を言うはずもないと考えているからです。
この件で問題があるようでしたら全てオイラに責任があります(がトラブったら応援お願いしたいです・・・)。
とにかく、毎日のワードプレスライフを楽しく!みんなで作るワードプレスだなぁと思います。

以下のzipファイルを解凍してプラグインフォルダにアップロードして、プラグインを使用するで使えるようになります。

ダウンロード
http://route58.org/download/wp……e-nice.zip

簡単に説明をしますと、文字列の編集はbe-nice.phpをテキストエディタで直接編集。

$lyrics = "僕が言ってやる
でっかい声で 言ってやる
がんばれって 言ってやる
聞こえるかい がんばれ";

上記の箇所を自分の好きな歌詞や文字列に変えていくだけです。
歌詞じゃなくて教訓でもいいでしょう。
環境によっては保存時に文字コードをUTF-8にするのを忘れずに。

画像の変更は34行目の be-nice_57x44.png を変更。
そうそう、文字列の最後に「~ ♪」がつくのがイヤな場合は34行目の「~ ♪」を削除してください。

echo "<p id='nice'><span>".$chosen."~ ♪</span><img align='right' src='".$siteurl."/wp-content/plugins/be-nice/be-nice_57x44.png'></p>";

ワードプレス、楽しみましょう!

WordPress 記事内でソースを表記するプラグイン Syntax Highlighter for WordPress

2010 年 5 月 24 日 コメントはありません

WordPressの本文(記事内)でHTMLやCSS、PHPなどのソースをきれいに表示するプラグインはいくつかあるのですがこのブログで使っているのはSyntax Highlighter for WordPress。

Syntax Highlighter for WordPressのダウンロード先( http://wppluginsj.sourceforge…….ghlighter/ )からzipファイルをダウンロードして解凍。
プラグインフォルダにアップロード後、使用開始すればいいだけという、誰にでも簡単にはじめられるプラグインです。

Syntax Highlighter系のプラグインは他にもたくさんあるのですが、テーマとの絡みでしょうか。
このブログにはSyntax Highlighter for WordPressが一番しっくり来ました。

本文内では半角の大カッコ [] で[css]とか[html]とか[php]とかを括ってソースを記述し、最後に[/css]や[/html]、[/php]などで閉じるだけ。

具体的にはこんな感じで記述。

[css] .hogehoge {background-color : #FFF ;}[/css]

記事本文の[css]などは全角の大カッコ使ってますのでコピペすると動かないので注意して下さい。
[css]などの必要タグはAdd Quick Tagプラグインを導入して、登録しておくと記事の作成が楽になります。

この先は自分のちょっとCSSカスタマイズメモ。
デフォルトに#e3e3e3の外枠を付けてみました。

syntax-highlighter/css/shThemeDefault.css にボーダーを追加します。
shThemeDefault.cssの冒頭を以下に変更。

.syntaxhighlighter
{
	background-color: #fff !important;
}

.syntaxhighlighter
{
	background-color: #fff !important;
	border:1px solid #e3e3e3 !important;
}

以上、これだけでだいぶ見やすくなります。

ちなみにフォントサイズやスタイルを変更するには syntax-highlighter/css/shCore.css を触ります。
このブログではフォントファミリーにMS ゴシックを追加しています。

font-family: "MS ゴシック", "Consolas", "Bitstream Vera Sans Mono", "Courier New", Courier, monospace !important;

WordPressのサイドバー 三段組のメインを先に持ってくるCSS

2010 年 5 月 11 日 コメントはありません

WordPressのサイドバー 三段組のメインを先に持ってくるCSS
というのをいい加減やってみた。
前々からやらなきゃと思っていたのですがCMSのワードプレスはほとんどのテーマがindex.php(single.php,archive.phpなども)とsidebar.phpが分かれているので所謂メインコンテンツと右メニューを一括りにして、その後に左メニューを配置するという、定番ワザが使えない。
SEOは後回しでとにかくコンテンツ作りってやってたら、もうDIVとか訳分からなくなってしまい。。。
ということで次のWordpress用にメモ。
サイトの全体幅を1000px、メインコンテンツを600px(左右のMarginを10px取るので正味580px)、左右のサイドバーを200pxとしてみる。

HTMLソースは以下のような感じで作成。

<div id="wrap">
	<div id="header">
		ヘッダー。ロゴとかH1とか。
	</div>
		<div id="content">
			<div id="center">
				メイン記事
			</div>
			<div id="leftbar">
				左サイドバー
			</div>
			<div id="rightbar">
				右サイドバー
			</div>
		</div>
	<div id="header">
		フッター。コピーライトとか。
	</div>
</div>

このソースに合うようにCSSを作成していく。

#content {
width: 1000px;
text-align: left;
margin:0px;
padding:0px;
background-color: #CCCCCC;
}

#center {
position:relative;
float: left;
left:200px;
width: 600px;
height:100%;
margin:0px;padding:0px 10px;
background-color: #FFFFFF;
overflow: hidden;
}

#leftbar {
position:relative;
float: left;
left:-800px;
width: 200px;
height:100%;
margin:0px;padding:0px;
background-color: #CCCCCC;
overflow: hidden;
}
#rightbar {
position:relative;
float: left;
left:200px;
width: 600px;
height:100%;
margin:0px;padding:0px 10px;
background-color: #CCCCCC;
overflow: hidden;
}

WordPress Discriptionをトップと各記事で分けて表示させるPHP

2010 年 5 月 9 日 コメントはありません

以下のソースをDiscriptionに書いてDiscriptionをページごとに分けて表示。
このDiscription、今でもSEOに役立つかは不明ですが、ないよりはあるほうが良い。はず。。。
あると良くないという話は聞いたことがないので・・・

<?php if (is_single() || is_page() ) : if ( have_posts() ) : while ( have_posts() ) : the_post(); ?>
<meta name="description" content="<?php $excerpt = strip_tags(get_the_excerpt()); echo $excerpt; ?>" />
<?php endwhile; endif; elseif(is_home()) : ?>
<meta name="description" content="<?php bloginfo('description'); ?>" />
<?php endif; ?>

All in One SEO Packとかぶるか検証。

カテゴリー: PHP, WEB, Wordpress タグ: , , , ,

WordPress パーマリンク カスタマイズ

2010 年 4 月 8 日 コメントはありません

パーマリンクを?PID=xxというデフォルトからカスタム設定。
いろいろな指定方法があると思うのですがこのサイトでは以下に。
/%year%/%monthnum%/%day%_%hour%%minute%%second%_%post_id%.html
これで完全なユニークIDが出来ました。

Subscribe2.php 95行目 日本語化とボタン変更

2010 年 4 月 7 日 コメントはありません

Subscribe2の日本語表示とボタン変更
Subscribe2.php 95行目を以下に。

$this->form = "<form method=\"post\" action=\"\"><input type=\"hidden\" name=\"ip\" value=\"" . $_SERVER['REMOTE_ADDR'] . "\" />
<p class=\"widget_subscribe2\">"読者登録をする<br />
<input type=\"text\" name=\"email\" value=\""メールアドレスを入力"\" size=\"20\" onfocus=\"if (this.value == '"メールアドレスを入力"') {this.value = '';}\" onblur=\"if (this.value == '') {this.value = '"メールアドレスを入力"';}\" /><br />		
<input type=\"image\" name=\"subscribe\" src=\"/images/button_subscribe.gif\" alt=\"登録\" style=\"vertical-align: bottom;\" />&nbsp;
<input type=\"image\" name=\"unsubscribe\" src=\"/images/button_unsubscribe.gif\" alt=\"登録解除\" style=\"vertical-align: bottom;\" />
</p></form>\r\n";

不親切すぎました。。。別サイトの備忘録なものですから。

こんな感じです。
使っている画像、 をこの場合はルート直下のimagesフォルダに入れてます。
画像は好きに持って帰ってください。
直リンクはしないでくださいねー。

2010年7月2日追記
Subscribe2 日本語化 Ver5.9でWordpress3.0対応 を追加しました。

いいやつばかりじゃないけど~ ♪

Positions by Seo-Watcher