Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/takemitasaki/route58.org/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 2895

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/takemitasaki/route58.org/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 2895

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/takemitasaki/route58.org/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 2895

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/takemitasaki/route58.org/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 2895
プラグイン | 国道58号線をのんびりと行く

アーカイブ

‘プラグイン’ カテゴリーのアーカイブ

WordPress 記事に改行を入れるプラグイン brBrbr.php

2010 年 7 月 26 日 コメントはありません

WordPressの記事に改行を入れるプラグイン brBrbr

プラグイン配布元
http://camcam.info/wordpress/732

このプラグイン、作者さんはサイト内でプラグイン名を明記していないのですが、ファイルにPlugin Name:brBrbrと書いてあるのでbrBrbrですかね。
さて、非常に良いです。
このプラグインを入れると、ワードなどのように、好きなだけ改行できるようになります。

導入方法も至ってシンプル。
配布元より、zipファイルをダウンロード後解凍して、フォルダ内部のbrBrbr.phpをpluginsフォルダにアップロード。
Wordpressのプラグインページから有効化。
これだけでOK。

ビジュアルエディタを使う場合はもう少し作業が必要で、zipファイルに同梱のeditor.jsを wp-admin/js/editor.js と入れ換えます。
その後、 wp-includes/formatting.php の以下を変更。

$output = wpautop($output);

$output = brBrbr($output);

WordPress3.0だと2135行目でした。

プラグイン配布元
http://camcam.info/wordpress/732

カテゴリー: プラグイン, Wordpress タグ:

Subscribe2 日本語化 Ver5.9でWordPress3.0対応

2010 年 7 月 2 日 コメント 11 件

以前のエントリーで Subscribe2.php 95行目 日本語化とボタン変更 というのがあったのですが、当時は日本語化ファイルというものの存在を知らずに、phpファイルを直接編集していました。
それからしばらくしてPOファイルを知ったのですが、必要性がなかったのでSubscribe2はそのまま放置。。。

しかし今回、ワードプレスが3.0にバージョンアップされたこともあり、Subscribe2もバージョンが5.9になりましたので、ちょっと本腰入れて日本語化してみようかと思い、POファイルを編集。

Subscribe2はメルマガ配信機能までを備えたワードプレスの読者登録用のプラグインです。

購読者を増やすのには素敵なツールで個人ブログはもとより、企業サイトでもツカエます。

日本語化は下記のZipファイルをダウンロード後、Subscribe2と同じフォルダにアップロードするだけ。

Subscribe2 日本語化POファイル(Wordpress3.0 プラグインVer5.9対応)
http://route58.org/download/wp……a_v5.9.zip

あ、忠実な翻訳というよりも、分かりやすさに重点を置いたため、相当な意訳になっています。

【例】
原文:A message from
本来の意味:からのメッセージ
日本語化:新着!

これはこの文字列を使用する箇所が配信メールのタイトル冒頭のため、英語だと、「A message from Route58.org」というような表記になるのですが、日本語の場合「From」という日本語訳よりも、「新着! 58ブログ」という風にする方が違和感がないと考えているからです。

そのためMOファイル、POファイルだけを見ると「ナンダこの訳は?」となるかも知れませんが一般的には今回の日本語化ファイルはイケテルと思います。

ダウンロード出来るZIPファイルにはPOファイルを入れてありますのでご自分で好きなように編集出来ます。

ご不明な点などありましたらお手柔らかにご連絡願います。

2010年9月23日追記
Subscribe2 のバージョン6用の日本語ファイルは niloriorさん からダウンロード出来ます。
Subscribe2 のバージョン6用の日本語ファイル

テキストを画像に変えるプラグイン wp-DJTR がアツイ!

2010 年 6 月 10 日 コメントはありません

ワードプレスのプラグイン、wp-DJTRはテキストを画像に変えるプラグインです。

詳細は配布元さんのところに詳しく書かれていますので今回は自分メモだけですが導入は非常に簡単。

1. 配布元より、zipファイルをダウンロード後、/pluginsフォルダにアップロード。
2. 自分の好きなフォントファイルをアップロード。
3. cacheフォルダとconfig_djtr.phpに書込み属性を与えます(700でOK)。
4. プラグインを有効化。
5. single.phpやpage.phpなどの<h2><?php the_title(); ?></h2>の部分を以下に変更

<?php the_title(); ?>

<?php wp_djtr( get_the_title(), "ffamily=hoge.ttf&width=500" ); ?>

配布元
http://www.techdego.com/2007/0……p-djtr.php

オプション設定

arguments 説明 書式例
fcol フォントの色 fcol=#333
fsize フォントサイズ(pt)

fsize=12
bcol 背景色 bcol=#333
transbg 背景色透明 transbg=true transbg=false
width 折り返しの幅(px) width=500
(imgを分割生成)
ffamily フォントの種類
(ファイル名)
ffamily=default.ttf
(大文字小文字を区別)

フォントファミリーを指定する際に、sazanami_gothic.ttf というような実際のフォント名ではなく、default.ttf というような感じにするのがコツ。
そうすることであとでフォントファミリーを変えたいときに、プラグインフォルダ内のフォントファイルの名前を変える事で一括変換出来ます。

WordPressのプラグイン Hello Dollyを楽しくカスタマイズ 日本語で使おう

2010 年 5 月 27 日 コメントはありません

あいたー!IEじゃズレまくってる。

ちょっと待って。直します。(6月4日0:08)

WordPressの梱包プラグイン、Hello Dolly。
Hello Dollyはジャズミュージシャンのルイ・アームストロング氏の名曲、Hello Dollyのフレーズがランダムに表示される、ワードプレスの公式プラグイン。
なのですが、もちろん英語ですので、何これ?という感じで停止していたり削除している方も多いと思います。

じゃぁ自分の好きな歌詞ならどうなの?ということでカスタマイズ。
毎日ワードプレスのページ更新するときにうれしくなっちゃうわけです。
使わないとHello Dollyプラグインを作成した方にも申し訳ないじゃないですか。
元のHello Dollyプラグインが超シンプルなので誰でも簡単に好きなフレーズに出来ます。

このサイトのようにトップページヘッダーに入れることも出来ます。
やり方は、、、今日誕生日でそろそろ出かけるので明日には書きます!
しばしお待ちを!

5月28日:帰って来ました。

ワードプレスをやるなら毎日楽しく!管理画面の右上に好きな歌詞をランダムに表示させてみましょうか。 こんな風に。


コメントアウトしている箇所をはずせば自分のブログにも反映させることが出来ます。画像はデフォルトテーマの場合。


デフォルトの文字列はザ・ブルーハーツの「人にやさしく」から抜粋。 しかし自分の好きな歌詞や名言に簡単に変更できます。
また、画像表示の追加などを行っていますが、これは「楽しくなければ使わない」だろうから、と言う理由で追加しています。
「人にやさしく」の歌詞の使用権限に関してですが、どこにも確認を取っていません。

僕が言ってやる
でっかい声で 言ってやる
がんばれって 言ってやる
聞こえるかい がんばれ

この4行のフレーズ、僕の愛してやまないザ・ブルーハーツの皆様、関係者の皆様、ファンの皆様が文句を言うはずもないと考えているからです。
この件で問題があるようでしたら全てオイラに責任があります(がトラブったら応援お願いしたいです・・・)。
とにかく、毎日のワードプレスライフを楽しく!みんなで作るワードプレスだなぁと思います。

以下のzipファイルを解凍してプラグインフォルダにアップロードして、プラグインを使用するで使えるようになります。

ダウンロード
http://route58.org/download/wp……e-nice.zip

簡単に説明をしますと、文字列の編集はbe-nice.phpをテキストエディタで直接編集。

$lyrics = "僕が言ってやる
でっかい声で 言ってやる
がんばれって 言ってやる
聞こえるかい がんばれ";

上記の箇所を自分の好きな歌詞や文字列に変えていくだけです。
歌詞じゃなくて教訓でもいいでしょう。
環境によっては保存時に文字コードをUTF-8にするのを忘れずに。

画像の変更は34行目の be-nice_57x44.png を変更。
そうそう、文字列の最後に「~ ♪」がつくのがイヤな場合は34行目の「~ ♪」を削除してください。

echo "<p id='nice'><span>".$chosen."~ ♪</span><img align='right' src='".$siteurl."/wp-content/plugins/be-nice/be-nice_57x44.png'></p>";

ワードプレス、楽しみましょう!

WordPress 記事内でソースを表記するプラグイン Syntax Highlighter for WordPress

2010 年 5 月 24 日 コメントはありません

WordPressの本文(記事内)でHTMLやCSS、PHPなどのソースをきれいに表示するプラグインはいくつかあるのですがこのブログで使っているのはSyntax Highlighter for WordPress。

Syntax Highlighter for WordPressのダウンロード先( http://wppluginsj.sourceforge…….ghlighter/ )からzipファイルをダウンロードして解凍。
プラグインフォルダにアップロード後、使用開始すればいいだけという、誰にでも簡単にはじめられるプラグインです。

Syntax Highlighter系のプラグインは他にもたくさんあるのですが、テーマとの絡みでしょうか。
このブログにはSyntax Highlighter for WordPressが一番しっくり来ました。

本文内では半角の大カッコ [] で[css]とか[html]とか[php]とかを括ってソースを記述し、最後に[/css]や[/html]、[/php]などで閉じるだけ。

具体的にはこんな感じで記述。

[css] .hogehoge {background-color : #FFF ;}[/css]

記事本文の[css]などは全角の大カッコ使ってますのでコピペすると動かないので注意して下さい。
[css]などの必要タグはAdd Quick Tagプラグインを導入して、登録しておくと記事の作成が楽になります。

この先は自分のちょっとCSSカスタマイズメモ。
デフォルトに#e3e3e3の外枠を付けてみました。

syntax-highlighter/css/shThemeDefault.css にボーダーを追加します。
shThemeDefault.cssの冒頭を以下に変更。

.syntaxhighlighter
{
	background-color: #fff !important;
}

.syntaxhighlighter
{
	background-color: #fff !important;
	border:1px solid #e3e3e3 !important;
}

以上、これだけでだいぶ見やすくなります。

ちなみにフォントサイズやスタイルを変更するには syntax-highlighter/css/shCore.css を触ります。
このブログではフォントファミリーにMS ゴシックを追加しています。

font-family: "MS ゴシック", "Consolas", "Bitstream Vera Sans Mono", "Courier New", Courier, monospace !important;

WordPressのダッシュボード上でTo-Doを作成・表示するプラグインを日本語化

2010 年 5 月 15 日 コメント 5 件

WordPressのダッシュボード上でTo-Doを作成・表示するプラグイン、 http://cleverness.org/plugins/……o-do-list/ をインストールしてみました。
参考にさせていただいたのは病的溺愛シンドロームさま。

まぁ、自分で使う分には英語のままでもいい(英語が出来るとかじゃなく、適当でいいから・・・)のですが、クライアント(っつーか友達)に使ってもらうとなると別です。

これまでもいくつかプラグインを日本語化したのですが、今回やってて、無料で使わせてもらっているワードプレスであり、無料で使わせてもらっているプラグインなわけですし、自分も微力ながら公開したりするほうがいいんじゃないかと思いました。
ので、日本語入れたcleverness-to-do-listをアップしておきます。

ttp://route58.org/download/wp-plugins/cleverness-to-do-list_2.0.3_ja1.0.1.zip 最新を下部に記載しました。
ttp://route58.org/download/wp-plugins/cleverness-to-do-list_2.0.3_ja.zip
langフォルダだけでいいかな、とも思ったのですが、簡単にインストール出来るようにプラグインごとzipにしました。

>>インストール方法
上記zipファイルをダウンロード後、解凍、プラグインフォルダにFFFTPなどで通常通りアップロードして有効化。
これだけです。

日本語がおかしいとか、プラグインがアップデートされてたとか、動かないぜーとか、NGだよーとかありましたら是非突っ込みお願いします。

※「To-Do」という単語自体が日本で普及していないため、一部のTo-Do訳を「やること」にしています。
To-Doでいいじゃんって場合にはPOファイルの編集をお願いします。

P.S.日本語POファイル作るときはファイル名をhogehoge-ja.poという感じで小文字で。これでちょっとハマッタ。

2010/05/17追記01:
POファイルに登録されていなかった単語を追加して、足りない英語表記の部分を日本語化しました。
しかしなぜか、UPDATE成功しました!などの更新表記部分がいまだ英語のままです・・・

2010/05/17追記02:
プラグインが2.0.4にアップデートされました。
で、よく考えてみると、自分はこれまでPOファイルの作成の仕方自体に問題があったようでした・・・
それに気づきましたので、langフォルダ内のcleverness-to-do-list.potを元に忠実に日本語化ファイルを作成してみました。
若干、翻訳不明な点がいくつかあり、きちんと日本語化できていません。。。
ただ、この不明箇所は「複数ユーザーでWordpressを共有するケースで必要な翻訳」ですので普通に個人で使用する分には全く問題ないはずです。
お気づきの点などありましたら是非ご連絡お願いいたします。
cleverness-to-do-listプラグインを作成されたCindyさんには連絡していますので、僕が理解出来、きちんと翻訳できましたらまたアップロードさせて頂きます。

※ 日本語化も相当砕けた表現でしたので、プラグイン梱包(Cindyさんが懲りずにしてくれるといいのですが)用は、「やっつけたTo-Do」ではなく、「完了したTo-Do」にしておきます。。。
いずれにしても、分かりやすい表現を意識していますので、厳密な英訳ではなく意訳ということをご理解下さい。

ダウンロードは以下からお願いいたします。

【丁寧バージョン – 出来れば梱包バージョン】
http://route58.org/download/wp……_1.0.0.zip
せっかくなので
【やっつけバージョン】
http://route58.org/download/wp……1.0.0a.zip

上記は本家プラグインで漏れているっぽい箇所の修正しています。
今から使う方にはイメージしやすいと思います。
cleverness-to-do-list.ph 573行目
h3タグにid=”addtd”の追加

【本家サイト】
http://cleverness.org/plugins/……o-do-list/

修正点、不具合っぽいところはプラグイン本家さんにも伝えています。
しかし初めての日本語化、翻訳を採用されてうれしくもあり、めちゃめちゃがんばりました・・・
さすがにいい加減ではいけないなと反省です。。。

これからも宜しくお願いします。

WordPress 本文(記事内)でPHPを実行させるプラグイン

2010 年 5 月 12 日 コメント 1 件

WordPressの記事内にPHPを記述して動かしたいってことで、いろいろ調べてみました。
php-executionrunPHP か・・・

runPHPは記事(ページ)毎にPHPを有効にする事が出来るので間違えて記事内にPHPを書いてしまうことがないのが良さげ。
ただ、runPHPはもうアップデートされていないし、最新バージョンの2.2.2はWordpress2.9.2では動かない(テーマや他のプラグインと競合しているのかもしれないけど)・・・
バージョン2.1bだと同じ環境でもすんなり動くので、そっちも使ってみている。
※2.1bを使っているとアップデートのアラートが煩いのでrunPHP.php内のバージョン情報を2.2.2に変更。
しかしWordpress3.0になっても動くのかは不明・・・。

一方php-executionは常に更新されているようで安心なのですが記事毎の有効化はない。
のでクライアントが予期せずPHP書いたりするかなー、と気になるところ。
どっちにしたって全角入れたら(というか基本的には)ビジュアルエディタで開いちゃいけないって事なんだよね・・・
対クライアント的には皆さんどうしているのでしょうか・・・

両方を様子見ながらだけどphp-executionに軍配があがりそうです。
このブログではphp-executionを使っています。

サンプル:一ヵ月後の日付を吐き出すPHP

<? echo '※【有効期限】 ' . date("Y年m月d日", strtotime("+1 month")) . 'まで<br />'; ?>
<? echo 'Expire date: ' . date("Y/m/d", strtotime("+1 month")) . '<br />'; ?>

表示結果
※【有効期限】 2017年08月22日まで
Expire date: 2017/08/22

カテゴリー: プラグイン, PHP, Wordpress タグ: , , , ,

僕らはそれを見て 一同大笑い~ ♪

Positions by Seo-Watcher