Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/takemitasaki/route58.org/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 2895

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/takemitasaki/route58.org/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 2895

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/takemitasaki/route58.org/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 2895

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/takemitasaki/route58.org/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 2895
2010 5月 13 | 国道58号線をのんびりと行く

アーカイブ

2010 年 5 月 13 日 のアーカイブ

沖縄そば みよ家で今日はから揚げ丼頂きました!

2010 年 5 月 13 日 コメントはありません

沖縄そば みよ家さんで今日はから揚げ丼頂きました!美味しかったです。ご馳走様でした。
http://miyoya.com/2010/05/08_1……/trackback
コメントとトラックバックを別で表示するテスト兼ねてますけど。
ワードプレスなのでPINGBACKなんだけど、PINGBACKとTRACKBACKは同じ扱いにしています。

SEO 被リンクをたくさんもらう地道な王道。それはリンクのお願い。

2010 年 5 月 13 日 コメントはありません

SEO、所謂検索エンジン最適化について

プログラマーの技量ももちろんのことですが、運営者の意識も超大事だよなーという再認識に関するグダグダです。

プログラマーというか、サイト設計者たちが考え、工夫する、TitleタグやDiscriptionタグ、Keywordタグ、H1属性やそれらの配置など、ソースをいじったり(最近はDiscriptionはあまり見ないよというような話は置いておいてです・・・)、キーワード出現率を考えたり、やっぱり被リンクは重要なファクターを占めていると思います。

でも、運営者、会社の経営者や店長、または責任者自身がそれなりにかかわらないとだめだなね。そんなことは分かっているんだけど。

前置きが長くなりましたが、次回、某社長に話す、地道且つメンドクサイ具体的な案を忘れないようにと。。。

GoogleやYahooなどのサーチエンジンで、自分の会社名で検索。
そうすると、個人ブログがたくさん出てくるはず。そこに一つ一つメッセージを送って、記事内にリンクを作ってもらう。
こんなかんじで。
「当社のことをネタにしてくれてありがとうございます!このページ(URLも一緒にね)を見させて頂いたのですが、リンクつきに変えてもらえないでしょうか。当社サイト内のリンクページ(URLも一緒にね)でもリンクさせて頂きましたので是非宜しくお願いします!
リンクしていただける場合はこちらに差し替えお願いいたします。
サンプルソース
<a herf=”” text=””>ホゲホゲ</a>
当社のリンクページ(URLも一緒にね)も是非ご覧下さい!
そして是非また当店にお越しくださいませ!
割引券をご用意させていただきますし、是非これからも仲良くさせてください!
○○○さんからのご連絡、心よりお待ちしています。
ホゲホゲ店主 ホゲホゲ」

位、やったほうがいいよー。

えーと、自分は一回怒られたことがあります。勝手にリンク張るな、と。
ブログというものが定着する5年以上前の話で、ホームページへのリンクだったのですが、こちらからリンクをするデメリットは相手方には絶対ないはずだったので、相当へこみました。
ただ、その後返事をもらえない覚悟で説明のメールを出し、結果理解してもらえました。
リンク依頼って大変っぽいけど、大事だよーと思うのです。

P.S. このブログで初めてビジュアルエディタボタンを押してみたらpタグやbrタグが勝手に挿入されて超ややこしいことになりました。
やっぱ最低限の設定は手を抜かずにやっておくべきですね。

カテゴリー: SEO, WEB タグ: , ,

WordPress ビジュアルエディタのフォント変更 WP2.9.2

2010 年 5 月 13 日 コメントはありません

WordPress 管理ページのビジュアルエディタのフォント変更。
自分ではなかなか使わないビジュアルエディタですが、ビジュアルエディタでの雰囲気とサイトの表示が違うこともあって、関係ないところで改行したり、Pタグ入れてしまったりするようです。じゃ、書いてる時点でイメージ出来たらいいのね、ということに。
Wordpressのwp-includesのCSSを変更。

変更箇所は \wp-includes\js\tinymce\themes\advanced\skins\wp_theme\content.css ファイルのbody.mceContentBody。
Wordpress2.9.2だと67行目あたりだけどbody.mceContentBodyで検索するのが早いかも。

body.mceContentBody {
	font: 13px/19px Georgia, "Times New Roman", "Bitstream Charter", Times, serif;
	padding: 0.6em;
	margin: 0;
}

body.mceContentBody {
	font: 13px/19px 'メイリオ',Meiryo,'MS Pゴシック',Verdana, Arial, Helvetica, sans-serif;
	padding: 0.6em;
	margin: 0;
}

に変更。MACのリクエストはないのでここでは考慮していませんが、いずれ必要になるんだろうね。

web デザイナーのナナメガキ さんのページが参考になりました。
http://loconet.web2.jp/blog/ar……amily.html

しかしInternet Explorerは早くなくなって欲しいなぁ。

そんな気持ちなんです~ ♪

Positions by Seo-Watcher